So-net無料ブログ作成

ダニから赤ちゃんを守るには?

皮膚や内臓のバリア機能がまだ未熟な赤ちゃん、

ダニから赤ちゃんを守るにはどうしたら良いのでしょうか?

 育児をしながらこまめな掃除をするのは大変なことだと思いますが、

掃除がやはり1番大事です。ただ掃除するだけではなく、掃除の仕方もとても大切。


家の中でダニが好む場所は、カーペットやぬいぐるみ、

カーテンなど、沢山ありますが、

お掃除の難しいたんすの上など、高いところも意外と重要で、きちんと

、上のほこりをはたきなどではたいてから、


段々と下に向かって、というお掃除の仕方が良いでしょう。


使う掃除機も、出来れば排気を出さないタイプの物を使ったほうが、良いです。


排気が出てくる場所から一緒にダニやほこりも出てきてしまうからです。


また、赤ちゃん用のたんすは通気性の良いものにして、

タンスの中もこまめにお掃除しましょう。


お気に入りのぬいぐるみなどは丸洗いしたり、

お部屋の換気をこまめにしたり、出来ることは沢山あります。



安心安全のダニ対策製品の使用もしてあげると尚よいですね。

シールで簡単にできる赤ちゃんのためのダニ対策が最近注目されています。


ダニよけシール「ダニサリマース」

アレルギーとダニの関係性

今、日本人の10人に1人がアレルギーだといわれています。

アレルギーは病気だと思われがちですが、人間の体質です。


 アレルギーの原因になる物質は、花粉、カビ、など様々ですが、

大半の原因となっているのが、動物の毛や、ほこりやちり、

ダニの糞や死骸などのハウスダストです。


ハウスダストの中でも、1番人間のアレルギー原になっているのは、ダニです。


「ダニアレルギー」という言葉もあるほど、

とても厄介なアレルギー原で、他のアレルギーに比べて涙が多く出て、

目のかゆみもひどいのが特徴のようです。


また、くしゃみや鼻水の他にも、頭痛などの症状がでてしまう人もいるので、


よく聞くアレルギーとはいえ、とても怖いのです。

目に見えるものであれば、防ぐこともできるのでしょうが、

ダニは目に見えないほど小さいので、

空気と一緒に吸い込んでしまったりしてしまいます。


ダニを完全に駆除することは難しいのですが、

出来るだけこまめに掃除をしたりして、アレルギーを防ぎましょう。



今日からできる簡単ダニ対策の詳細はこちら
   ↓   ↓





ダニが出来やすい場所は?

ダニは地球上のどのような場所にも生息しています。

例えば人間の体の毛穴の中、動物の皮膚の上から、

きのこの傘の下で生きているダニなどもいて様々です。


が、ダニにも好む生息条件があり、まず繁殖する場所がある事。


例えば、じゅうたんや畳などがあるのですが、

隠れて→卵を産むことが出来れば良いのでソファーや布団なども好みます。



次に、ダニの食べ物がある場所。

だにが何をたべているかしっていますか? 

人間のアカ、食べ物の食べかす、ほこりまで、色々なものをたべているのです。

なので、ゴミなどほこりが多い環境であれば、ダニにとっては好条件になってしまいます。


次に、高温で多湿であること。

ダニが好きな温度は20~30度と高く、湿度も60~80%と高めです。

なので、季節でいうと夏が好条件ですね、そのほかには、湿り気もあり、

温度も充分にある土壌の中は、ダニの種類も生息している数も1番多いと言われています。






今日から始めるダニ対策「ダニサリマース」

赤ちゃんのためのダニ対策、何が出来る?

ダニアレルギーの多い時期や季節に産まれた赤ちゃんは、

ダニアレルギーになりやすい、というデータがあるくらい、

赤ちゃんは、大人に比べて、腸や皮膚の外部からの悪いものから

身を守る機能がまだまだ未熟です。




だいたい2歳ころまで、この機能は成長し続けるので、

それまで、充分注意しなければなりません。



 家庭で1番ダニがつきやすいのが、布団です。


人間が長い時間接触しているので、ダニにとってはえさの宝庫というわけです。


 赤ちゃんが寝返りをして、埃などが舞って、赤ちゃんがそれを吸い込んでしまう。


という悪循環がおこり兼ねないので、布団を定期的にクリーニングに出したり、

家庭で出来る対策としては、天気の良い日は外に干しましょう。


この時、布団をパンパンと叩いてしまいがちですが、


布団の中のアカなどが細かくなって舞いやすくなるといわれているので、

叩くのはやめて、両側を丁寧に掃除機をかけることが1番効果的といわれています。


また、色々な製品が出てきていて、丸洗いできるベビー布団なども販売されています。

こうしたことで、赤ちゃんをアレルギーから守りましょう。


赤ちゃんを守ってあげられるのはママだけです。

できる対策からはじめましょう。









アレルギーの原因となるダニって?

今の時代、日本人の10人のに1人はアレルギーを持っている、といわれています。

そのアレルギーの原因になっているのが、

ダニが1番多いと言われています。 


よく耳にする「ハウスダスト」という言葉ですが、ダニもハウスダストの中の1つです。


 では、だにとは一体どうゆう生き物なのでしょうか?

ダニは肉眼で確認が出来ないほど小さくて、

単位で表すと、なんと1ミリの1000分の1程の大きさです。


重さもほぼ無いので、風などに吹かれて色々なところに浮遊し、生息しています。


姿はくもにそっくりで、種類的にもくもの種類にあたります。

 ダニにも種類は沢山いますが、主に家庭でアレルギー原になっている種類はチリダニ類、

イエササラダ二類、ツメダニ類の3種類がいて、こ

の中でも1番数が多いのがチリダニです、チリダニの怖いところは、

なんと、人間のアカやフケなどを食べていて、

ダニ自身の体温、水分なども人間から摂りながら生きているところです。


ダニ対策、できることからはじめてみませんか?

詳細はこちら ↓  ↓








この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。