So-net無料ブログ作成
検索選択

赤ちゃんのためのダニ対策、何が出来る?

ダニアレルギーの多い時期や季節に産まれた赤ちゃんは、

ダニアレルギーになりやすい、というデータがあるくらい、

赤ちゃんは、大人に比べて、腸や皮膚の外部からの悪いものから

身を守る機能がまだまだ未熟です。




だいたい2歳ころまで、この機能は成長し続けるので、

それまで、充分注意しなければなりません。



 家庭で1番ダニがつきやすいのが、布団です。


人間が長い時間接触しているので、ダニにとってはえさの宝庫というわけです。


 赤ちゃんが寝返りをして、埃などが舞って、赤ちゃんがそれを吸い込んでしまう。


という悪循環がおこり兼ねないので、布団を定期的にクリーニングに出したり、

家庭で出来る対策としては、天気の良い日は外に干しましょう。


この時、布団をパンパンと叩いてしまいがちですが、


布団の中のアカなどが細かくなって舞いやすくなるといわれているので、

叩くのはやめて、両側を丁寧に掃除機をかけることが1番効果的といわれています。


また、色々な製品が出てきていて、丸洗いできるベビー布団なども販売されています。

こうしたことで、赤ちゃんをアレルギーから守りましょう。


赤ちゃんを守ってあげられるのはママだけです。

できる対策からはじめましょう。









この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。